k2-partners

海外からのお問合せ事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は最近、海外からのお問合せが増えて来ていますので、その事例をご紹介しようと思います。

 

弊社では様々なお金に関する悩みに応えられるように世界中の金融商品に関する情報提供をしています。インターネットを使い、どこからでもサービスが受けられるような形で提供しているため、以前から海外駐在している方からのご相談も定期的にありました。

それまで日本の証券会社で資産運用をされていても、海外赴任になり非居住者になると、証券会社での売買ができなくなります。かといって現地の証券会社でまたゼロから口座を開設するというのも中々ハードルが高いので、結局とりあえず貯金をしておくだけという方も多いそうです。

また、国によってはその国のマーケット規模が小さく、安定的な資産運用が難しいところもあります。

 

最近、現地でそういった海外駐在者向けに生活サポートをしている会社さんや海外進出企業のサポートをしている方からの問合せが増えています。話を聞くと、駐在員の方は上記のような状態で資産運用をどうやってやるのか?という相談が寄せられるので、ちゃんと紹介できるものがないか探していて弊社を知ったということでした。

 

弊社ではこれまでご相談いただいた内容や事例をメルマガで配信していますがその中に海外駐在者の事例もありましたので、その情報がHitしたようですね。

 

先日、記事にしましたが、やはり実際の相談事例、というのはどういうサービスが受けられるのか一番分かりやすく、色々なパターンの事例があると、それを見た方からお問合せいただく内容もどんどんと幅が広がってきます。

 

まず最初に行うのはしっかりとしたサービスを提供し、その内容を共有していくところからですが、それがある程度溜まってくるとどこかのタイミングで新しい展開が生まれてきます。またその展開のなかでコツコツとサービスを提供していくと、知見が溜まり、、その次、、という形でぐるぐる廻っていくのを感じます。

 

現在、弊社パートナーは日本国内だけでなく、海外在住のパートナーさんも増えてきています。話を聞きたい方はお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外投資、ビジネスパートナー募集中

今、あなたはどのような想いでクライアントさんへアプローチしていますか?

K2 Partnersでは一緒に、クライアントさんのお金に関する悩みを解決するマネードクターを募集しています。概要は以下のURLからご連絡ください。


ビジネスパートナー募集要項を見る

SNSでもご購読できます。