k2-partners

簡単に自社サービスにクレジット決済を導入するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は、自社のサービスにクレジット決済を導入するには?をお伝えします。

以前のクレジット決済について

物販を取り扱ったことがある方だとご存知だと思いますが、様々な決済方法を用意しておくことは重要です。ただこれまでですと、クレジットカード決済を導入するには、決済代行業者に申込をして、会社自体の審査を受ける必要がありました。

結構この審査がハードルが高く、デジタルコンテンツの販売だとかなり難しいと言われていました。

PayPal決済について

そんな中、PayPal社の決済サービスが日本でも使えるようになり、現在では日本の多くのECサイトでも導入されています。ビジネスでの利用には会社の登記簿などの書類提出が必要ですが、ファイルでのアップロードができるようになっていたり、審査の手間はかなり簡略化されています。

PayPalのサービスは請求書を発行し、メールから決済してもらう方法、通常の購入(都度購入)の他に、月額決済も簡単に導入できるようになっています。その他、毎月決済ですが従量課金形式の使った分だけ変動する支払も可能です。

 

また利用料金についても固定費用はなく、決済額に応じて3.6%+40円という料金になっています。(2017/8時点)

初期費用もないので、とりあえずお試しでアカウントを作ってみて、導入できる料金体系です。こういったサービスが、システム開発なしにすぐに使えるというのは、それまでは考えられなかったことです。(注: 今更ですが、PayPal社の回し者ではないです)

 

PayPalの使い方

弊社では有料会員サービスや、セミナー申込、動画配信サービスの支払などにPayPalを利用しています。動画や有料会員サービスは、場所を選ばず誰にでも販売が可能です。Webマーケティングを行い、サービスはオンラインで提供しているので、実際、地方在住や海外在住のクライアントも多いです。海外にもサービスを提供できるようにする、というのはビジネス的にも大きいですよね。

ファイナンシャルプランナーなど個人向けのコンサルティングサービスをしている方には是非導入して有料サービスの幅を広げていただきたいです。パートナーの方には使い方や導入方法などもお伝えしてますので、Webを使ったビジネスに興味がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。