k2-partners

保険代理店の方がパートナー登録したきっかけとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

本日は、関西で保険代理店をされている方とのミーティングについてです。その方は20年前に外資系保険会社に転職し、そこから保険代理店を立ちあげ現在は社員10人くらいでされているとのこと。外資系保険会社に勤務している頃からその会社の日本の保険商品と、海外で販売している保険商品の利率の違いについて現地の同僚から聞いていて、興味を持っていたそう。

今後の保険業界

その方は少子高齢化やインターネット申込の普及で、保険代理店もどんどん淘汰されていく危機感を持っていますが、ご紹介している保険の仕組み自体は必要なものなので、個人向けのファイナンシャル・プランニングを通じて、より良い提案をしたいと言われてました。

オーナーとして会社の若い社員(20代前半)のためにも今後も20年、30年続く会社にするために、新しいものをどんどんと取り入れていく必要があると考えています。弊社のご紹介している海外の保険についてお問合せいただいたのもその一つですし、他にも大学やベンチャー企業とコラボして医療向けの商品開発プロジェクトなども進めているとのことでした。

パートナー募集に応募される方の共通点として、この方のようにクライアントのためになる提案がしたい、また人口減少、保険商品の予定利率の変更などネガティブな話が多いなかでも思考停止せずアンテナを立てている方が多いです。

弊社もどんどんと新しい海外の金融情報を集めてきますので、うまく活用してビジネスの幅を拡げてもらいたいですね。(パートナー募集の詳細はこちら)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。