k2-partners

同じ外貨建てなら利率のいいところに置くほうがいいよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は、先日のミーティングについて。

今回の方は福岡の保険代理店勤務の女性の方ですが、元々、海外個人年金に興味があり色々と調べていくうちに弊社を知り、お問合せいただきました。

パートナー登録についても興味があるということで、電話でやり取りをしていたのですが、研修で都内に来るということで、ミーティングを行いました。同僚の方も海外個人年金に興味があり、一緒に一度話を聞きたいということで、保険アドバイザーも同行してもらい、2名でお話をうかがいました。

30代後半、女性の事例

まず、今回お問合せいただいた方は、一括でまとまった資金があり(USD 60,000)、日本の一括払いの保険や、投資信託、海外積立(変額プラン)など一通り提案を受けていたそうですが、日本の一括払いの保険は大して殖えない、投資信託、変額プランは運用途中で上下するものはあまり好まない、ということで他の金融商品を探している、ということでした。詳しく聞いていくと、その方は小学生のお子さんが2人いますが、学資資金としては別で確保できるので、本人の年金準備+死亡保障もあり、長期で安心して置いておける、というもの。

弊社の保険担当からは、海外終身保険(解約返戻金あり、死亡保障あり)と、海外個人年金(6-6プラン140.8%、8-8プラン170.6%)をご紹介し、特に海外終身保険がマッチしていそう、とのことです。日本の一括払いの保険でも、提案されるのは外貨建てなので、それなら利率のいいところに置くほうがいいよね、とおっしゃってました。(その通り)

40代前半、女性の事例

一緒に来られた同僚の方は、まず10歳、8歳のお子さんの学資資金を確保したいので、今ある資金を数年置いてから受け取る商品を希望。海外個人年金(6-6プラン140.8%、8-8プラン170.6%)をご紹介し、それぞれのお子さん用に6-6プラン、8-8プランに分けておく形を提案しました。6-6プランは一括払いで6年据え置き、7年目から年金受取が可能なので、ちょうどお子さんが18歳のタイミングに間に合います。

他にも本人の年金準備として、元本確保型プラン(20年160%)も検討されています。

お二人とも保険代理店の方ですのでこの先のライフプランに合わせて資金を準備するには?という所は明確だったのと、運用でリスクを取って殖やすというより、ちゃんと金利がついていくものが希望、ということで海外の保険の中から選んでいます。

ちょうど和田の方でも別の方に海外年金を紹介した記事を挙げていますが、やはりみなさん同じ反応ですね。(笑)保険セールスの方でもまずはご自身の相談もお受けしてますので、お気軽にお問合せください。

そんな商品があるなんて知らなかった@ある保険代理店のFPの方

なお、保険アドバイザーもパートナーとクライアントの面談にも同行していますので、ご希望があればお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。