k2-partners

積極投資派vs貯蓄派 「3つの積立」チャート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partner佐藤です。

今日は、海外積立投資の3つのプランについてリスク志向で分かれるプラン選択チャートについてお話したいと思います。まずは、海外積立投資の3つのプランについてはこちら。

まずはリスク志向で分かれるプラン選択チャート

2つの質問にはい、いいえで答えてどのプランがご自身に合っているか、試してみてください。

この後でざっくりそれぞれのプランについて説明します。(満期時シミューレーションは全て15年積立、月額USD 500で計算)

3.5%金利保証積立年金プラン

どシンプルに積立金額から手数料を引いて、年利3.5%がついてくるプランです。

<条件>

月額USD200〜

15年満期

一定の手数料がかかるので10年以内の解約ではコスト負けしますが、手数料差し引いても時価ベースでは払った金額を下回ることはありません。

月額USD 500の積立で・・・

15年間積立総額:USD 90,000(約1035万円)
満期時返戻額:USD 114,714(約1319万円)
解約返戻率(満期):127.5%

(※1ドル115円計算)

となります。

元本確保型年金プラン

米国の株価指数S&Pに連動するインデックスで運用していきます。ただ名前の通り以下の条件で、元本確保が付きます。

10年満期 100%
15年満期 140%
20年満期 160%

株価指数連動ということで、毎月の運用によって時価ベースでは上下しますが、満期時の最低保証がついてきます。満期まで積立てれば最低元本は確保されます。

さて、月額USD 500の積立で見ると・・・

15年間積立総額:USD 90,000(約1035万円)
満期時最低返戻額:USD 126,000.00(約1449万円)
解約返戻率(満期):140%

となります。

変額年金プラン

ファンドを選んで運用するプランです。先進国、新興国、といた国ごとの株やセクターごとの株式、リートなど200本のファンドから運用先を選ぶことができます。当然時価ベースでもあくまで運用次第、ということで価格は上下します。世界経済の流れによって年に1回くらいはポートフォリオの見直しが必要です。(弊社でのサポートも可)

現在の弊社推奨ポートフォリオだと年利8.73%なので、そちらでシミューレーションしてみます。

月額USD 500の積立では・・・

15年間積立総額:USD 90,000(約1035万円)
満期時返戻額:USD 188,802(約2171万円)
解約返戻率(満期):209.8%

となります。

上記のように3つの積立ですが、クライアントのリスク志向に合わせてどのプランがいいかが選べます。

クライアントさんは積極投資派?貯蓄派でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外投資、ビジネスパートナー募集中

今、あなたはどのような想いでクライアントさんへアプローチしていますか?

K2 Partnersでは一緒に、クライアントさんのお金に関する悩みを解決するマネードクターを募集しています。概要は以下のURLからご連絡ください。


ビジネスパートナー募集要項を見る

SNSでもご購読できます。