提案事例

【お問合せ事例】ビットコインのまま移管可!リアルマネーへの出口戦略とは

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日はここのところパートナー経由でお問合せの多い、ビットコインからの海外口座開設についてです。年明けからすごい勢いで下げている、、ビットコインですが、初期から投資されていた方は、それでもかなりの資産となっているそうで、乱高下するボラティリティの高さに疲れて、仮想通貨から別の資産への移行を模索しているようです。しかし、億り人。。どんだけいるのか。

続きを読む

会計事務所、税理士向けコンサルティングの幅を拡げましょう

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は、何件か続いている財務コンサルタントの方との連携についてご紹介します。

業種は様々ですが、このところ、会計事務所向けの会計システムの販売、コンサルティングの方、相続関連のシステムで税理士さんとすでに連携のある方、からのご相談をいただいています。

続きを読む

投資事例:一番人気のあるファンドの組み合わせは?

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

本日はパートナーからの紹介事例について。今回のパートナーは栃木県で保険代理店をされている方です。昨年10月にパートナー登録された方ですが、元々ご本人も海外積立投資をされていた事もあり、海外投資に興味があるクライアントさんが多く、既に何件もご紹介いただいています。

続きを読む

クライアントの投資タイプとは?(保険屋さん編)

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今回は2017年を振り返り、パートナーさんからのご紹介案件を整理していたので、そちらについて共有します。元々、弊社がパートナー登録事業を本格化するにあたり、最初にどういった業種の方と連携しやすいか?Win-Winな関係になりやすいか、といった仮説を立てるところから始めました・・・

続きを読む

投資事例:保守的な方も納得して始められる海外投資もあります。

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今回はパートナーさんの提案事例。パートナーさんは新潟の保険代理店の方ですが、弊社セミナー、勉強会にもよく参加されて情報を取られています。クライアントは50代女性、公務員の方だそうです。ヒアリング内容は下にまとめていますが、年金制度に対する不安から自分で年金準備をしないと、という点が印象的です。

続きを読む

外資系保険マンが海外ファンドを提案に組み入れるには?

こんにちは、K2 Partners佐藤です。本日は外資系保険のパートナーさんからの紹介事例について。

今回ご紹介いただいたクライアントさんがアートクリエイターということで、TOPの画像はアーティストっぽいイラストにしてみました。

さて、今回のパートナーさんは仕事柄、保険についての相談を受けていますが、その中で現在の投資先や、資産運用についてもこのままでいいのか?という質問もよくいただくそうです。今回はそういった投資のご相談から、海外投資も運用先に入れてたい、ということでクライアントさんをご紹介いただきました。

続きを読む

不動産投資と海外積立で分散投資

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は不動産コンサルタントの方のアドバイス事例を紹介します。この方は未活用の土地を使って、マンションなどの収益物件を建て、毎月の賃料から収益を得る資産運用や相続対策などのアドバイスをされている方です。

 

今回、この不動産投資に加え、「海外積立投資」を活用した資産運用を提案しています。スキームとしては・・・

続きを読む

海外移住のライフプランニング〜必要資金の準備方法

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

お盆明け、今日から仕事の人も多いですかね。朝の電車はまだ大分ガラガラでしたけど。

ちょうど弊社投資アドバイザーのブログでリタイア後の移住先ランキングの紹介がありましたが、今日は弊社パートナーのFPの方が海外移住のライフプランニングについて受けた相談についてです。 続きを読む

相続対策の事例 〜プレミアム・ファイナンス〜

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

このところ何件かパートナーの方から相続税対策についての問合せが続いたので、その事例についてご紹介します。これは以前、弊社保険アドバイザー和田のブログでも解説しています。

お金を銀行に預けておいただけで相続税がタダになる!?「プレミアムファイナンス」とは?

 

かいつまんでお伝えすると、

  1. キャッシュ(1億円)を元手に銀行から借入を行い(2億円)
  2. 海外生命保険に一時払保険料として払込(3億円)
  3. 被保険者が亡くなった時に死亡保険金として受取(10億円)
  4. 銀行が保険金から借入分(2億円)を受取り、残りを遺族が受け取る(8億円)

というものです(プレミアムファイナンス入門書はこちら)。

続きを読む