k2-partners

保険の満期を迎えて、しばらく置いておく先を探していませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は保険の満期を迎えて、しばらく置いておく先を探している方に実際の事例をご紹介します。

今回は弊社パートナーからのご紹介案件。パートナーの方は長年日本の保険業界で働いていて、現在は都内の保険代理店に所属しています。

ご紹介いただいたのは日本の保険のクライアントで長年のお付き合いだそうです。長野にお住まいの開業医の女性の方でした。

元々2004年から10年満期の日本の米ドル建て一時払い個人年金保険に加入されていて、2014年に満期を迎えた満期金の中から、30万ドルで海外の固定金利年3.25%(2014年当時、5年満期)の商品を始められました。現在、3年目に入り、9%くらいのリターンになっています。

2004年からの個人年金保険は10年満期、年3.5%確定の商品だったので、単純計算で10年で35%殖えたんですが、満期を迎えた2014年当時では、日本の商品だと10年満期で年0.97%の金利しかつきません。

一方、海外の固定金利商品では、上記の5年満期の固定金利は3.25%。当然そちらを選びますね。

現在、5年満期の固定金利は2.5%。5年預けておくだけで12.5%の金利です。最低金額はUSD 10,000(112万円)〜。5年置いておくのであればこの商品でいいですね。

実際、この商品を持たれているクライアントは、ご紹介いただいた方のように50代〜60代の方が多いですね。また保険の満期をその頃に迎えても、すぐは使わず、5〜10年は置いておくので、その間リスクなく金利を取っておきたいというニーズがあります。それに提案できるものがもう海外にしかないのが現状です。

ちなみに2017年9月の日本の個人向け国債は5年で0.05%/年。1000万円で5,000円。。

ちゃんと金利がつくところに置いておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。