k2-partners

米国株オプション・プレミアム戦略ファンドのアジア担当マネージャーと勉強会を行いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。K2 Partners佐藤です。

本日は、急遽来日したファンドのアジア担当マネージャーと弊社パートナーとのクローズドの勉強会を行いましたので、その内容をお伝えします。

 

このファンドは好調な米国株に投資しながら、金利も取る運用を行っています(ファンドの細はこちら)。

担当マネージャーはニュージーランド出身で、現在、香港在住3年目。彼曰く「busyだけどパーティーの中にいるような」香港生活が気に入っているとのこと。

 

今回は、弊社アドバイザーの眞原が通訳を務め、会社紹介から、ファンド戦略の概要、トランプ政権下での経済政策とそれに伴う株価の見通しなどを説明していただきました。

 

さて、ファンドの戦略に関しては、以下の観点で大型株に絞って運用しているそうです。

・配当利回り
・時価総額
・ボラティリティ(上下のブレ)の低さ

 

特に彼がアピールしていたのはいかにリスクを抑えて、堅調な株価市場に投資をするか、というところです。新興国でもなく、ベンチャー企業への投資でもない、極力アンダーコントロールな株式投資。

その答えが米国の上記の条件を満たした企業の株(&オプションを売るプレミアム)という事です。

 

Q&Aについて

Q.米国市場の成長は今後も続いていくのでしょうか?

A.トランプ政権の政策でより一層アメリカにマネーが流れるので当面は成長を期待できると考えています。

 

Q.オプションのネガティブ要因として、急激な株価の上昇があるとのことですが、一方で今後の米国株に関しては上昇の見通しとのこと。この部分だけだと矛盾を感じるが?

A.オプションの売りは全体の15%にとどめ、その他は現物の株を保有しているので、金利を取りながら株の上昇益も同時に狙う戦略を取っています。

 

株への投資ですがヘッジをしつつ安定を求める、というどっちも欲しがりなクライアントには魅力的なファンドでしょうね(笑)

 

元々今回、彼は日本にいるクライアントとのミーティングで数日間の来日でしたが、時間を取ってもらい、パートナー向け勉強会という形でプレゼンテーションしてもらいました。今後もこういった機会も積極的に作っていきますので、ご興味ありましたらお気軽にお問合せください。

 

P.S.今日の模様はパートナー向けサイトに動画でアップします。

動画編集をしないと。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外投資、ビジネスパートナー募集中

今、あなたはどのような想いでクライアントさんへアプローチしていますか?

K2 Partnersでは一緒に、クライアントさんのお金に関する悩みを解決するマネードクターを募集しています。概要は以下のURLからご連絡ください。


ビジネスパートナー募集要項を見る

SNSでもご購読できます。