k2-partners

海外個人年金各種プランまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。

今日は、最近改めてご紹介している海外個人年金と積立年金についてまとめます。

まず海外個人年金ですが(概要は入門書をご確認ください)、一括もしくは数年で支払い、据置期間を置いて、受け取る形になります。加入時に受取金額が確定しているので学資資金など何年後にいくら必要になりそうか、先々分かっているものはこういった形だと安心感がありますね。

海外個人年金、それぞれのプランについて

1.6-6プラン

一括支払いで6年間据置、その後6年での受取(返戻率122.9%)か満期時に一括(返戻率140.8%)で受け取るものになります。実際のシミュレーションなどについては弊社和田のブログの記事(販売終了間近「海外個人年金」No.1【6−6プラン】)をご参照ください。

2.8-8プラン

毎月払いで3年間支払い、5年据え置き、9年目から毎年受給(返戻率143.1%)か満期時一括受取(返戻率170.6%)かを選べます。(詳細はこちら販売終了間近「海外個人年金」No.2【8−8プラン】)

3.10-10プラン

こちらは毎月払いで5年間支払い、5年据え置き、10年目から毎年受給(返戻率150.2%)か満期時一括受取(返戻率186.7%)かを選べます。(詳細はこちら販売終了間近「海外個人年金」No.3【10−10プラン】)

4.60-90プラン

支払期間はご希望の期間と加入時の年齢によりますが、基本は60歳になる前までに支払い、60歳から90歳までの30年間で受け取るプランになります。(詳細はこちら販売終了間近「海外個人年金」No.4【60−90プラン】)

60-90プラン以外は年利ベースで2.8%程度になります。この会社はある程度保守的な運用なので、年利としてはまずまずですが、日本のものよりはかなり高い利率になっていると思います。支払期間もそこまで長くないので分かりやすい商品性になっていますね。こちらは販売終了は決まっていますが、次の商品との兼ね合いでまだ終了期間ははっきりしていません。年内であれば間に合うので、加入を検討している人は今のうちにご連絡ください。

ちなみに先日、こちらの個人年金のプロバイダの方とミーティングしましたが、次の商品は終身保険の形なので、このような数年で支払って、何年後かに受け取るタイプのものはなくなるそうなので今のうちに検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外投資、ビジネスパートナー募集中

今、あなたはどのような想いでクライアントさんへアプローチしていますか?

K2 Partnersでは一緒に、クライアントさんのお金に関する悩みを解決するマネードクターを募集しています。概要は以下のURLからご連絡ください。


ビジネスパートナー募集要項を見る

SNSでもご購読できます。