k2-partners

外資系保険マンが海外ファンドを提案に組み入れるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、K2 Partners佐藤です。本日は外資系保険のパートナーさんからの紹介事例について。

今回ご紹介いただいたクライアントさんがアートクリエイターということで、TOPの画像はアーティストっぽいイラストにしてみました。

さて、今回のパートナーさんは仕事柄、保険についての相談を受けていますが、その中で現在の投資先や、資産運用についてもこのままでいいのか?という質問もよくいただくそうです。今回はそういった投資のご相談から、海外投資も運用先に入れてたい、ということでクライアントさんをご紹介いただきました。


【東京都 アートクリエイター 30代後半 女性】の事例

弊社アドバイザーがミーティングに同席し、現在の運用についてヒアリングすると、既に証券会社での運用や、外貨建て債券、保険商品と分散して資産運用されていました。その中で今回は特に数年は使わないので運用に回している資金について(ファンドラップやREITに入れていた資金)もっと安定した運用先がないか?という事で海外ファンドを提案。
今回はその要望に合わせて・・・

  • クレジットローンファンド
  • 森林ファンド
  • 英国介護不動産ファンド
  • 英国学生寮ファンド
  • 米国株ロングオンリーファンド

をオフショア資産管理口座経由で投資することをご提案。
どれも年間8%〜13%と安定したパフォーマンスになっています。

今回、最終的には海外投資自体初めてということもあり、その中から以下のファンドに投資されました。

森林ファンド : USD 10,000(約110万円)

【第220回】年率+13.8%の森林ファンドのご紹介です。

今後も徐々に日本での運用から海外にシフトされていくと思いますので、パートナーと一緒にフォローして行く予定です。

特に最初の提案について

パートナーには、海外のファンド、保険と様々な商品についての研修(勉強会&オンライン学習)を行っていますが、やはり専門以外では、すぐには直接答えられないということで、提案する内容に合わせて、このように弊社でも同行して一緒に提案する体制もとっています。

パートナーシップを組むことで、クライアントにとってもパートナーにとってもメリットのある提案ができるようにしっかりサポートしていますので、ご興味ある方はお気軽にこちらからお問合せくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。